高速料金

一時どこまで乗っても、1,000円という高速料金の時がありましたが、皆さん利用なさいましたか。結構皆さん利用していたようで、ちっと遠出をして楽しんだということをよく耳にしました。高速料金には5つの車両区分があり、軽自動車、普通車、中型車、大型車、特大車に分かれています。

 

正直、軽自動車で遠出をしたり、高速道路に乗るのはちっと怖いなと思っていたのですが、今の軽自動車って本当に広くて安定しているので、遠出をしたり高速道路にのっても全然怖くないそうです。古い人間のせいかどうも昔のイメージが強くて、最近の軽自動車をなめていました。先日、東京に住んでいる親戚の者が今月下旬頃北海道に遊びに来るという連絡がありました。最初に釧路に入ってその後札幌を経由して道南に抜けるといっていました。

 

高速料金高いから、電車の方が安いんじゃないの?といったのですが、彼女曰く「東京の高速料金はチット走っただけで軽く3,000円はなくなるよ」と言われ、北海道の高速料金ってそんなに高くないんだと初めて思いました。軽自動車と普通自動車の高速料金の割合は、普通自動車より軽自動車の方が2割ほど安いようで、例えば普通自動車で2,800円かかるとすると、軽自動車では2,250円ほどで乗れますし、ETCを利用すれば1,600円で済みます。この差は大きいですね。