自賠責保険

自動車を所有したり、乗ったりするにはやはり保険が必要になってきます。自動車の保険には2種類あるのはご存知だと思います。自賠責保険と任意保険の2つです。任意保険は、昨今民間の損害保険会社も安い保険料で、様々な付帯サービスをつけたいい保険を出してきています。では、自賠責保険はというと、これは強制保険とも言われていて、車をもてば必ず入らなければいけない保険です。加入していなければ車検が受けられません。

 

もし、期限切れや未加入で車を運転すれば、当然法律に反するわけですから罰金や懲役などの処分を受けることになります。期限が近づくとお知らせの葉書きが届きますが、ディーラなどに車検をお願いしている場合は、車検時に整備代金や重量税などと一緒にすべてやってくれますので、意外と皆さん忘れていると思います。ユーザー車検をしている方は期限に充分気をつけたほうがいいと思います。

 

しかし、皆さんこの自賠責保険の補償内容をきちんと熟知しているでしょうか。正直、私は殆んど内容を確認したことがありませんでした。なんらかの補償はあるだろう程度で、任意保険のほうにばかり気をつけていました。他人にケガや死亡させてしまった場合に支払われるもので、あくまでも対人のみに対する保険で、死亡時最高3000万円、傷害時最高120万円しかでません。やはり任意保険に入っておかなければいけませんね。