ガソリン代(燃費)

ガソリンの高騰がなかなか収まらない今日ですが、なぜこんなにガソリンが高いのでしょう。アメリカなどから見ると、日本のガソリンは高すぎるような気がしますが。半分近くは税金ですが、ここでも税金が重荷になってきます。こんなにいろいろなところで税金を払っているのに、なぜ国は赤字なのでしょう?

 

アメリカと比べるからいけないのかもしれません。イギリスやドイツなどのヨーロッパでは日本の3倍くらいの税金がかかっている国もあるようで、お隣韓国も日本の2倍くらいの税金がかかるようです。だからでしょうか、日本のガソリン税は世界から見ると安いほうだという政治家がいるようです。ガソリンの高騰が続く中、やはり燃費のいい車を皆さんは選らばれるのではないでしょうか。軽自動車は燃費がいいのではないでしょうか。

 

ハイブリッド車は当然燃費がいいのは分かりますが、車自体が高額で、燃費だけのために、ハイブリッド車に買い換えることは出来ません。その点、軽自動車は、車自体の価格は100万円前後で購入できますし、税金や車検などの経費も抑えられますから、ハイブリッド車程の燃費でなくても、ある程度の燃費のいいとされる車を選べば、トータル的に見れば軽自動車の維持費は普通自動車に比べると、かなりお得なのではないでしょうか。