M字はげにおすすめのシャンプー選びについて。

M字はげにおすすめのシャンプー選びについて

頭皮環境を整えて育毛剤をしっかりと届けやすくするために、最低限のシャンプー選びは必要になってきます。

スーパーやドラッグストで売っている安いシャンプーでは、逆に頭皮環境を悪化させる恐れもあるので注意しましょう。薄毛が気になり始めた場合、次のようなシャンプーを選ぶことをオススメします。

アミノ酸系の洗浄成分が配合されている

育毛成分がしっかりと配合されている

余計な添加物が配合されていない

このような成分のシャンプーを使うことで、頭皮にやさしく頭皮ケアができます。

では具体的に、頭皮にやさしく使っておきたいシャンプーをランキングでご紹介しておきますね。

M字ハゲに10代でなってしまった場合の対策方法

M字ハゲになってしまうのは、何も成人男性だけではありません。10代の未成年・学生でもM字ハゲになってしまうのです。

10代でM字はげになってしまうと、周りの目が余計に気になりますし、常に髪の毛のことを考えないといけないため、精神的にとてもつらいですよね…。

そんな10代のM字ですが、実は成人男性と同じように対策することはできません。

M字はげ対策に必要な育毛剤でもお伝えしているのですが、M字はげ対策には、「1、プロペシアで抜け毛を抑える」「2、育毛剤で育毛促進する」というのが、王道的な対策方法になります。

しかし、10代の未成年の場合、薄毛治療薬のプロペシアを服用することはできません。

プロペシアは、抜け毛の原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑制する働きがあるのですが、未成年の場合、DHTの働きによって生殖器の成長なども関係しており、服用は認められていないのです。

また、唯一「発毛」効果の認められている有効成分ミノキシジルを配合した育毛剤の使用も認められていません。

このように、10代のM字ハゲには、医薬品(薬)を使うことができないのが特徴です。

しかし、あきらめてはいけません。

最近では、自然由来の成分を元に生成されている育毛剤も多く発売されており、成人するまではそれらで対策を行うことができるのです。

では、具体的にどのような育毛剤などで対策すればよいのかご紹介していきますね。

また、10代のM字ハゲ対策には、「育毛サプリメントで必要な栄養を補う」ことも大切です。髪の毛の生成に必要な「亜鉛」「ビタミン」などをしっかりと補えるため、育毛剤と一緒に取っておきたいですね。

最近では、育毛剤と育毛サプリメントがセットになっている商品も多く、そういうものを選ぶことでコストを下げることができます。育毛は続けることが何よりも大切なので、育毛剤とサプリがセットになっているものを選ぶと良いでしょう。

では、10代のM字はげ対策におすすめの育毛剤をランキングにしたので参考にしてみてください。

M字はげに薬(ミノキシジル)は効かない?

M字はげに薬(ミノキシジル)は効かない?

薄毛治療薬として発毛が確認されている「ミノキシジル」があります。こちらは、国内では「リアップ」にのみ配合されており、テレビCMでも注目されています。

そんなミノキシジルですが、「M字はげには効かない」という噂があります。実際のところは、こちらもM字禿げにもきくと考えられています。

ミノキシジルの主な働きは、血流を促進させることです。そのため、M字はげだけにかかわらずどの部位の薄毛にも使えます。

ただし、M字はげよりも血行不良が原因で薄毛になりやすい頭頂部の薄毛の方が、効果を実感する方が多いようです。ミノキシジルは、薬剤師さんが常駐する薬局で買えます。

プロペシアを使わないでM字はげ対策はできる?

M字はげ対策を本格的に行うためには、プロペシアを服用して抜け毛の原因DHTの生成を抑制することが重要です。

しかし、プロペシアは薬であるため、どうしても服用を躊躇してしまう方も少なくありません。

どうしてもプロペシアなどの薬を使うのに抵抗がある場合、育毛剤と育毛サプリメントを使って様子を見てみてはいかがでしょうか。

当サイトでご紹介しているチャップアップの場合、定期コースを利用すれば1万円以下で育毛剤とサプリメントがセットになっています。成分を見てみると、抜け毛の原因であるDHTの生成を抑制する働きのある成分もしっかりと配合されている為、まずは使ってみることをオススメします。

それらを使っても進行が止まらない場合は、最終手段としてプロペシアを控えておくと良いのではないでしょうか。

何を使うにしても、M字ハゲを対策するためには、「抜け毛を抑える」「育毛促進」の2つの対策が必要になることを覚えておいてください。

育毛剤選びで悩んだら参考にしておきたいサイト

当サイトでは、主にM字はげについて具体的におすすめの対策方法や育毛剤についてまとめてきました。しかし中には、M字はげだけでなく頭のてっぺんハゲが気になる方や、抜け毛予防を目的に育毛剤を選びたいという方もたくさんおられると思います。

そういった場合でも、やはり自分の頭皮に合った育毛剤を選んでできるだけ早くから根気よく続けることが育毛には欠かせません。上記でお伝えしたとおり、最近ではプロペシアやミノキシジルなどの薄毛治療薬を使った治療、AGA専門クリニックでの専門医による治療、育毛剤・育毛サプリメントを使った対策など、薄毛対策の方法もたくさんあるようになってきました。

その中でも、やはり副作用の恐れがほとんどなく自宅で手軽に取り組めるということもあり、育毛剤を使った対策に取り組む方は多いです。

ただ、商品数があまりにも多いので適当に選んでいるという方がいるのも事実。どれにするか悩んだら、育毛剤の中でも人気がある商品を参考に成分などをしっかりと吟味して選ぶと良いでしょう。

こちらのサイトでは、実際に薄毛対策に取り組んでいる管理人さんが、おすすめの育毛剤をランキングでご紹介されています。レビュー記事があったり、それぞれの育毛剤の詳しい解説があるので、成分などが良くわからない方でも読みやすく工夫されていましたよ。

育毛には、様々な方法があるからこそ、続けやすく自分に合った方法を選ぶことがとても大切です。当サイトが少しでもあなたの役に立てれば幸いです。

プロペシアはM字はげに効かない?

プロペシアはM字はげに効かない?

 

M字はげ対策の一環として当サイトでは、プロペシアの服用を一つの方法としてお伝えしていますが、「プロペシアはM字ハゲには効かない」というのをネットで見かけることがあります。

プロペシアはM字ハゲに効かないというのはよく言われることですが、M字はげでも頭頂部の薄毛でも、プロペシアは効果があることが認められています。

 

では、どうしてプロペシアはM字ハゲに効かないといわれるのでしょうか。プロペシアが生え際に効かないといわれる理由を考察してみましたので参考にしてみてください。

プロペシアがM字ハゲに効かないといわれる理由

 

生え際の後退は気づいた時点で進行が進みすぎている為

 

生え際の後退は、頭頂部の薄毛と比べ、かなり進行してから気づく方が多いです。

 

薄毛がある程度進行してしまうと、髪の毛が生えにくくなってしまうため、プロペシアを服用しても効果を実感できない方が多いのです。

 

プロペシアはあくまでも、「抜け毛の原因DHTの生成を抑え、ヘアサイクルを整える」のが働きです。そのため、毛根が弱っているとプロペシアだけでは実感しにくくなってしまうのです。

 

「薄毛対策はできるだけ早く行わないといけない」といわれる理由はここにあります。

 

一方、頭頂部の薄毛の場合、他の人から指摘されやすいこともあり、比較的早めに気づきやすくなっています。早めから対策できるということは、それだけ毛根も元気である可能性が高く、プロペシア単体でも実感しやすいのでしょう。

 

つまり、プロペシアがM字に効かないといわれる理由の一つとしては、薄毛が進行しすぎてから服用することが原因であるともいえます。

 

M字はげは急になるのではなく、徐々に徐々に進行しています。抜け毛が気にならなくても、髪の毛の細毛化が進んでいるため、早めに気づくことも大切です。

 

ある程度M字が進んでしまっている場合、プロペシアと育毛剤を併用してしっかりと対策を行いましょう。詳しくは次のページで解説しているので参考にしてみてください。

プロペシアはM字はげに効かない?いいえ、そんなことはありません

 

プロペシアが生え際に効かないといわれる所以を見てきましたが、いかがでしょうか。

 

プロペシアは、生え際の後退が気になる方にも処方される薬となっているため、効果がないわけではありません。

 

しかし、間違った知識などが原因でプロペシアは生え際・M字には効かないといわれてしまっているのも事実です。

 

M字ハゲ対策には、プロペシアと育毛剤を使った対策が欠かせません。

プロペシアは専門医で診察を受けて処方してもらい、育毛剤はネットで本当に良いものを選ぶことが重要です。

 

次のページでは、M字はげ対策に使っておきたい育毛剤を詳しく解説しているのでぜひ参考にしてみてください。

プロペシア単体で”発毛”すると勘違いされている為!

プロペシア単体で”発毛”すると勘違いされている為

 

30歳を目前になると周りでも薄毛が気になる友人が多く、たまに薄毛の話をすることがあります。

その時によく「プロペシアを飲んでおけばなんとかなる!」と楽観的に考えている方が少なくありません。しかし残念ながら、プロペシアに発毛効果はありません。

そのため、M字はげが気になっているのにプロペシアだけに頼るというのは、おすすめできません。

 

先ほどもお伝えしたとおり、M字はげが気になるということは、ある程度薄毛が進行している状態です。プロペシアを服用しただけでは、毛根が弱っていると元気な髪は生えにくいのです。

 

そこで、育毛剤を使って有効成分をしっかりと届けることが重要になってきます。

 

ちなみに、現在”発毛”効果が認められているのは、有効成分ミノキシジルのみとなっています。ミノキシジルは、大正製薬から販売されている「リアップX5」に配合されており、ドラッグストアなどでも取り扱いされています。

 

しかし、ミノキシジルには、ミノキ焼けと呼ばれる恐ろしい副作用のリスクが高いため、当サイトではあまりおすすめしていません。

 

現在では、ミノキシジルとの比較実験で納得の結果を出した「M-034」という成分や、ミノキシジルの約3倍の育毛パワーが明らかになった「キャピキシル」などの成分を配合した育毛剤が販売されています。これらの成分は、ミノキシジルと違って自然由来の成分であるため副作用の恐れがほとんどなく安心して使えるようになっています。

 

ミノキ焼けなどのミノキシジルの副作用が気になる場合は、これらの成分を配合した育毛剤を使うことをおすすめします。

 

プロペシア単体では発毛効果はないため、上記でお伝えしたような成分を配合した育毛剤を併用することが大切です。

 

DHTではなく頭皮の血行不良で生え際が薄くなっている為

男の薄毛の大半は、AGA(男性型脱毛症)だといわれています。

 

AGAは、脱毛ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)が体内で生成され、毛根部のレセプターとくっつくことで脱毛を引き起こしてしまうんですね。

 

しかし、薄毛の原因はDHTだけではありません。

特に生え際は、頭皮の血管が少なく運動不足などが原因で血流不足になりやすい部位でもあるのです。

 

血流不足になってしまうと、髪の毛の生成に必要な栄養が運ばれにくくなるため、髪の毛は細くなってしまい、薄毛になりえます。

 

このよう薄毛の場合、原因がDHTではないので、プロペシアを服用しても効果はありません。

 

最近では、専門医を受診せずに独断で海外産のプロペシアを服用する方もおられますが、自分がAGAによる薄毛ではないのにプロペシアを服用してしまっているケースもあります。

このような場合、残念ながらプロペシアを服用しても生え際には効果がない…となってしまうのです。

 

海外産のプロペシアを個人輸入することは、副作用のリスクや万が一何かあった時の対応、偽物をつかまされるリスクなど、様々な点で自己責任になってしまうため、当サイトでは専門医を受診することをオススメしています。