自動車税

a0002_007376

 

毎年5月頃になると、自動車税の納付書が送付されてきます。自動車税の金額は、車の大きさ(排気量)で変わってきますが、自動車税は地方税の道府県民税ですが、軽自動車は地方税でも市町村民税扱いとなります。軽自動車から普通自動車に変わってから届いた納付書を見たとき初めてしりました。

 

軽自動車税は「4月1日現在」の所有者が納税義務者となり、1年間(4月1日~3月31日)の税額を納付することになるので、4月2日以降に所有者となった場合は軽自動車税を納付する必要はないそうです。しかし、反対に廃車した場合は、普通自動車の場合の自動車税は、4月2日以降に廃車(抹消登録)した場合月割りで計算されて後に還付されるのですが、軽自動車税は、年額での税額になるので、もし4月2日に廃車(抹消登録)したとしても一年間(4月1日~3月31日)の税額を納付しなければなりませんし、還付されることもないそうですので、廃車される場合は注意が必要です。

 

一般的に私達が言っている軽自動車は自家用車となり、税額は7,200円となります。軽自動車でも営業乗用車であれば5,500円、原付バイクなどは1,200円からなど軽自動車税といっても結構細かく分かれています。一番低い税額は、原動機付自転車(50cc以下)の1,000円から自家用車の7,200円まで13種類ほどに区分されています。

 

 
ガリバー店舗